機関誌

バレーボール研究第10巻第1号

20110114

原著論文

松井 泰二・内田 和寿・黒川 貞生・鈴木 陽一・佐藤 重芳・矢島 忠明
バレーボールにおけるブロック局面の off the ball movementsの評価に関する研究~大学トップチームを対象として~.pdf

研究資料

小野塚 徹・高橋 宏文・横沢 民男・宮口  宏
スパイク動作に関する一考察 -より強いスパイクを打つための動作について-.pdf

内外の研究動向

北 徹朗
ヨーロッパスポーツ科学学会におけるバレーボール研究の動向 -ECSS2007より-.pdf

黒川 貞生
International Journal of Volleyball Researchより.pdf

第13回大会・総会報告

第13回大会報告.pdf

フォーラムⅠ
TX沿線とアクティビティ・デザイン
ートップチームで繋げるスポーツ・ベルトラインー
コーディネーター:渡和由氏 筑波大学大学院人間総合科学研究科・芸術学系准教授
プレゼンター:
 橋本正吾氏 ラグビー「NECグリーンロケッツ」チームディレクター
 川島幸宏氏 社会人野球「茨城ゴールデンゴールズ」
 高橋雅弘氏 バスケットボール「JOMOサンフラワーズ」ゼネラルマネージャー
 都澤凡夫氏 バレーボール「つくばユナイテッドSun GAIA」チームディレクター

コミュニケーションアゴラ
1.戦術から見えてくるゲーム分析
 勝本 真氏(茨城大学教育学部教授)
2.選手の怪我に対するアプローチ
 板倉尚子氏(日本女子体育大学・日体協公認AT)
3.チーム作りから見えてくるコーチング
 中西康巳氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学系講師)

フォーラムⅡ
バレーボールとユニバーサルデザイン
コーディネーター 蓮見孝氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科芸術学系教授)
プレゼンター 松田裕雄氏(筑波大学大学院人間総合科学研究科体育科学系講師)
岡野実氏(岡山シーガルズ部長代理)
徳野涼子氏(日本ビーチ文化振興協会常勤理事)
鳥羽賢二氏(びわ湖成蹊スポーツ大学准教授)
吉原知子氏(元アテネ五輪全日本女子代表チーム主将)

第13回研究発表.pdf

1.ソフトバレーボールの授業における児童が状況判断に用いる視覚情報について
○川岸與志男
2.「つなぎ係数」について
○蔦宗 浩二
3.春の高校バレー歴代出場校の体格値の推移~第1回大会から第38回大会の身長を中心に~
○飯島 康平,黒川 貞生、亀ヶ谷純一,鈴木 陽一、松井 泰二,矢島 忠明
4.ゲーム場面を見る際の指導者と選手の視線比較
○石垣 尚男,川岸與志男、植田 和次,後藤 浩史、金子美由紀,平田 勝彦、上野 敦史
5.ビーチバレーボールの基礎技術に関する研究-パスとセットの比較-
○縄田 亮太,坂中 美郷、濱田 幸二,前田 明
6.コンビネーション攻撃におけるセッターのゲームパフォーマンスの向上―セッターのパフォーマンス評価基準に基づいて―
○秋山 央,都澤 凡夫
7.男子高校選抜選手の心理的特徴の変化に関する研究
○下川 浩一,遠藤 俊郎、安田 貢
8.一貫指導体制に関する調査研究-各スポーツ団体の取り組み-
○宮内 一三
9.バレーボールにおけるブロック局面のoff the ball movementsについて~大学トップチームを対象にして~
○松井 泰二,内田 和寿、黒川 貞生,鈴木 陽一、小林 海,矢島 忠明
10.バレーボールのオーバーハンドパスにおけるタスキの効果について
○布村 忠弘,高柳 利江,西川 友之,谷口 真也

第13回総会報告.pdf

機関誌 < ジャーナル

2011年01月14日 14:32:27