会員向け

日本バレーボール学会 第23回大会一般研究発表プログラム

20180220

日本バレーボール学会 第23回大会

一般研究発表プログラム

演題番号 №1
「高くゆっくり返球する」レセプションは勝利に貢献するか?
〜レセプションにおけるボールフライト時間の長短が攻撃参加人数に与える影響〜
〇渡辺寿規(滋賀県立総合病院)、原まなみ(兵庫教育大学)、
佐藤文彦(株式会社DELTA)

演題番号 №2
世界トップレベルの女子バレーボールチームにおける
ファーストタッチ経過時間とセカンドタッチ経過時間がアタックの成否に及ぼす影響○原まなみ(兵庫教育大学)、渡辺寿規(滋賀県立総合病院)、
 佐藤文彦(株式会社DELTA) 

演題番号 №3
新・レセプション成功率の妥当性の検討
~A・B・C Passとレセプション・アタックとの関係から~
○佐藤文彦(株式会社DELTA)

演題番号 №4
サーブコースとその後の攻撃から見るサーブ戦術の考察
~2015年ワールドカップ男子 ポーランド対アメリカから~
○百生剣太(KouKen株式会社)、北口剛一(有限会社アポロ電気工事商会)

演題番号 №5
サーブコースとその後の攻撃から見るサーブ戦術の考察
―2016年リオオリンピック女子決勝 中国対セルビアからー
○北口剛一(有限会社アポロ電気工事商会)、百生剣太(KouKen株式会社)

演題番号 №6
中国女子のリオ五輪金メダル獲得の理由を戦術面から検証する
〜「2mの長身選手がいたから優勝した」は本当なのか? 〜
○縄田亮太(愛知教育大学)、渡辺寿規(滋賀県立総合病院)

演題番号 №7
バレーボールにおける連続得失点に着目したゲーム分析
○勝本真太郎(茨城大学大学院)

演題番号 №8
1台の定点カメラを用いた選手のトラッキングシステムの検討
Discussion about player tracking system using one fixed-point camera
○三村泰成(鶴岡高専)
演題番号 №9
コート設営における支援器具開発の試みに関する研究
○水野琳也(サレジオ工業高等専門学校 デザイン学科)、
高野修(サレジオ工業高等専門学校 一般教育科)

演題番号 №10
フィリピンの大学女子バレーボールリーグ戦に関する研究
~観客20,000人を動員するリーグ戦の魅力を探る~
○内田和寿(京都光華女子大学)
GODFREY OWASE OKUMU (University of the Philippines)
中嶋大輔(京都外国語大学)

演題番号 №11
育成世代におけるこれからのあるべき指導の考察
~日本バレーの今日的課題の解決を意識した初心者指導の実践から~
○杉山哲平(札幌市立あやめ野中学校)、笠巻一倫(北名古屋市立師勝中学校)

演題番号 №12
大学における体育実技(バレーボール)の反転授業およびIT活用の実践
○村本名史(常葉大学)、高根信吾(常葉大学)、瀧澤寛路(常葉大学)

演題番号 №13
バレーボールにおける個人スキルの動作観察に関する視線研究
○中田学(順天堂大学 スポーツ健康科学部)、
河村剛光(順天堂大学 スポーツ健康科学部)

演題番号 №14
イメージがパフォーマンスに及ぼす影響
○安藤健太郎(愛知学院大学)

演題番号 №15
バレーボール競技におけるバランス運動
〇水原元一(ANAグループ)

演題番号 №16
オーバーハンドパス中の手指関節角度と指先発揮力の計測
○片岡将平(佐世保工業高等専門学校)、槇田諭(佐世保工業高等専門学校)

演題番号 №17
バレーボール男子選手におけるセット技術の研究
― 準備期の動作に着目して ―
〇甲斐麻見子(早稲田大学スポーツ科学研究科)、
松井泰二(早稲田大学スポーツ科学学術院)、
市川智之(早稲田大学スポーツ科学研究科)

演題番号 №18
大学男女バレーボール選手におけるスパイクパフォーマンスと助走距離の関係
○榎本翔太(兵庫教育大学大学院)、横山榛奈(岡山大学)、
黒田剛志(岡山大学大学院)、加賀勝(岡山大学大学院)

演題番号 №19
バレーボールにおけるブロック動作時の異なる条件下に着目した体幹筋活動の比較
○市川智之(早稲田大学スポーツ科学研究科)、
甲斐麻見子(早稲田大学スポーツ科学研究科)、
松井泰二(早稲田大学スポーツ科学学術院)

演題番号 №20
大学女子バレーボール選手における通常トレーニングが身体的・精神的疲労の出現に及ぼす影響
○梅田孝(名城大学)、金子美由紀(名城大学)、亀山紘美(名城大学)、
神田翔太(名城大学)

演題番号 №21
好中球機能と筋疲労との関係 -大学女子バレーボール選手での検討-
○金子美由紀(名城大学)、神田翔太(名城大学)、亀山紘美(名城大学名誉教授)、
梅田孝(名城大学)

演題番号 №22
女子バレーボール選手におけるトレーニングによる脱水が筋組織及び免疫機能に及ぼす影響について
○神田翔太(名城大学)、金子美由紀(名城大学)、亀山紘美(名城大学名誉教授)、
梅田孝(名城大学)

演題番号 №23
高校生バレーボール選手を対象とした下肢の傷害調査
○藤井壮浩(東海大学体育学部)、一関侃(東海大学大学院体育学研究科)、
 宮崎誠司(東海大学体育学部)、小澤翔(東海大学スポーツ教育センター)

会員向け < お知らせ

2018年02月20日 00:25:05

タグ
一般研究発表プログラム